Skip to content

スキーツアーのバス移動中に安眠する方法

スキーツアーは、長くスキー場にいられるように夜行バスで出発し、早朝にゲレンデに到着してスキーを楽しみ、そして夕方のバスで帰るというスケジュールになっていることが多いです。スキー場に向けて移動するときのバスは、出発が夜になるため消灯されてしまうことがほとんどです。これからスキーに行くという高揚感からなかなか寝付けないことが多いですが、しっかり寝ておかないと寝不足でスキーを楽しむことが出来ません。夜行バスのスキーツアーに参加するときは、安眠グッズを準備しておくと朝までゆっくりと眠ることが出来ます。

安眠グッズとしてまず挙げられるのがアイマスクです。夜間はバス内の明かりは消されますが、完全に真っ暗になるわけではなく薄明かり程度です。そのため、電灯の真下の席だと明かりが気になって寝付けないこともあるのです。アイマスクで視界を覆っておけば、明かりを気にせず眠ることが出来ます。

また、オススメできるグッズがネックピローです。バスの座席は頭を固定する場所がなく、安眠を妨げる原因になります。ネックピローがあれば頭が動くことなく朝まで眠れるのです。その大きさから荷物になると思われがちですが、スキーツアーに参加する場合はスキー用具はレンタルで済ますことが多いため手持ちの荷物は少ないはずです。

それでも持ちきれない場合は、折りたたみ式のタイプもあります。そして、最も重要と言えるグッズが耳栓です。夜行バスの車内は乗客が寝ているため静かですが、深夜にトイレに行く人がいると横を通り過ぎるときに足音で目が覚めてしまうのです。耳栓を付けておけば気になりません。

スキーツアーのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です