自転車を選ぶときには重さを重視する

by:

サプリ健康自転車

自転車を選ぶときのポイントはいくつかありますが、重視して欲しいものはその重さです。自転車のフレームは金属でできていますが、ある程度の耐久性が求められるため頑丈に作られています。一昔前のものであればその選択肢は少なく重たいものが中心でしたが、現在では軽量で頑丈な素材で作られたものも多く見られ軽いものを購入した方が体に与える負担が少なくて済むものです。特に安いものを購入した時のトラブルとしては、漕いでもあまり進まなかったり、やたら疲れるといったことが挙げられますが、この時に原因のひとつとなるのがその車体の重さになります。

車輪が転がることによって自転車は移動しますが、この時下り坂の場合には重力によって勝手に進んでいくため、ほとんど負担はありません。しかし、平坦な道や上り坂の場合には漕がなければ進むことはできないもので、この時に自転車そのものの重さがあるとそれだけペダルが重くなり負担となってしまいます。このため長距離を高速に移動するタイプでは軽量なものが好まれ、選ぶ時の基準となるものです。一方で、実用的な自転車も同様な条件となるものですが、価格が安いものでは重たいものが見られるので注意が必要となってきます。

この重さというのは平坦な場所ではそれほど大きな違いにはなりませんが、坂道の多い場所ではかなりの負担となるため、軽量なタイプを選ぶことが移動する時の負担を軽くして使うことができるものです。自転車のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です