栄養補助食品の役割を知る

by:

サプリ健康栄養補助食品

栄養補助食品はその名の通り日常生活において不足しがちな栄養を補助するためのもので、健康食品の一つとされます。明確な定義は存在しませんが、普段の食生活で不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの量を豊富に含んだ食品のことになりますが、これらだけを含んだサプリメントや、いわゆる健康補助食品と呼ばれるものとは異なって、特定保健用食品や栄養機能食品といった国審査によって機能性を認められたものが栄養補助食品とされています。栄養補助食品と言ってもその種類は様々ですし、また役割も含まれる栄養素の種類によって変わってくるものです。一般的な活用方法として求められるものは、エネルギーの不足を補うものや栄養バランスを改善するためのものがあります。

例えばエネルギーの不足を補うものであれば、食欲のない時に食べやすいゼリーや飲料などのもので十分に活動をすることができる栄養価の高いものがありますし、栄養バランスが偏りがちな人には、それらを補うための栄養素が含まれているものが販売されているものです。あくまでも栄養補助食品は日常生活において、通常の食事を十分に行うことができない場合や、偏食や少食によって十分に栄養をとることができない場合に、それらを補助する目的として食べるものになります。またスポーツなどで人よりも多くのエネルギーを必要とする場合に、不足しがちなエネルギーを補充するためにも利用されており、多くの場合には食べやすく腹持ちの良いゼリータイプがよく利用されるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です